0196213751

Q&A

いわて被害者支援センターに寄せられた相談内容の一部をご紹介します。

Q 被害者支援センターは、どのような支援を行っているのですか?
A 1.情報提供
被害を受けてこれからどうしたらよいのか。自分の心に何が起きているのか、どこに相談をしたらよいのかなど、電話相談や面接相談等で必要な情報を提供します。
2.直接的支援
臨床心理士によるカウンセリングや警察署・検察庁・病院への付き添い、法廷への付き添いや代理傍聴、役所等への付き添いや届出等の代行など被害者の要望に応じた様々な支援を行ないます。
Q 犯罪の被害に遇ったときは、どんな相談にも応じていただけますか?
A 被害者やその家族の方が、被害前の生活に戻るために必要とする支援を行っております。詳しくはお気軽にご相談ください。
Q 面接相談などは、盛岡まで行かなければならないのですか?
A 毎月1回、二戸市と奥州市水沢区で出張相談も行っております。また、相談内容を踏まえ、必要と認められる場合は、こちらから出向いて相談に応じています。
Q 相談したときは警察にも連絡されるのですか?
A 相談者が希望される場合はともかく、そうでない場合は連絡することはありません。すべて相談者の意思を尊重して支援しております。
Q 相談した内容は、守られますか?
A センターの相談員は、法律により守秘義務が課せられております。相談内容及び相談者に関する情報は固く守られますので安心してご相談ください。
また、相談は匿名でもお受けしております。
Q 弁護士の相談は受けられるのですか?
A 相談内容によっては、弁護士の無料相談を受けることもできます。
Q どのような場合にお金がかかるのですか?
A 支援センターの相談や様々な支援活動は無料で行っておりますので費用はかかりません。安心してご相談ください
Q 支援活動員は、誰でもなれるのでしょうか?
A 養成講座は、随時、実施していますが活動するためには「犯罪被害相談員」として指定を受けることが必要です。指定を受けるためには養成講座を一定期間受講していただき、認定された方が「犯罪被害相談員」や「直接支援員」として協力をいただくことになります。
ただし、過去の経歴等を踏まえ、短期間で認定される場合もあります。